R.LEASE

R.LEASER.LEASE

トラックを「借りる」という選択肢をご提案します

運送会社が頭を悩ませる問題のひとつが、トラックなどの車両調達にまつわるコスト増です。
運送・物流業界ではファイナンスリースを使った車両の調達が一般的ですが、設備投資にかかる初期コスト、また購入後の月々の維持管理コストは、やはり大きな負担となります。近年は燃料費の値上げ、運送費の低価格化なども追い打ちをかけます。
そこでリアライズコーポレーションは、オペレーティングリースを使って車両を調達する「R.リース®」をご提案します。
これは運送会社が車両を「買う」のではなく、事業拡大時など必要なときだけ車両を「借りる」ことで、車両の調達や維持管理コストを平準化する仕組み。「R.リース®」が、運送会社を黒字経営へと導きます。

「R.リース®」を活用して攻めの経営に

運送会社にとって車両は大切な資産です。一方、車両を所有し続けることが運送会社の経営を圧迫しているのも事実。「R.リース®」を活用して、「持つ経営」から「持たない経営」へと転換を図ることで、運送会社は財務体質を改善できます。
このほかたくさんのメリットを生かし、攻めの経営に転じることも可能です。

運送会社の「R.リース®」活用のメリット

・会社の資産(車両)のオフバランス化が図られる
・車両の調達手段が増える
・短期間(1~3年)でも車両を借りることが可能
・車両調達コストを平準化できる

さらにリアライズコーポレーションなら

・大量の車両在庫により、最短3日の納車が可能。故障時の対応も迅速
・車検・修理費用・自動車税などの負担を低減(ご契約内容によります)
・緑ナンバーを利用可能
・高額買い取りのリースバックにも対応

※当社は車両の長期運用を行うため、一般の中古車買取業者と比べて、車両の高額査定・買い取りが可能。運送会社の急場の資金調達にも力を発揮します。一方、車両の貸し出しは安価に設定。運送会社は「高く売って、安く借りる」「車両を所有せずに使い続ける」ことが可能です。

FLOW

契約の流れ契約の流れ